新潟アスベスト

アスベストの歴史

アスベストの歴史は非常に古く、古代エジプトにまで遡ります。紀元前2500年頃の記録文では、ファラオのミイラを包むのにアスベストを使用していました。また紀元前4−5世紀のギリシャでは、アスベストをランプの芯に利用していたこともわかっています。日本では江戸時代中期の博物学者が偶然にも1764年頃に偶然発見したことにより広まっていきました。そもそもアスベストとは、石綿という名があるように、天然の鉱石で石綿という名前から連想するようにこの鉱石は繊維状の形態をしています。アスベストという名称はクロシドライト、アモサイト、トレモライトなどがあります。
アスベストの健康被害の問題となっているのはその粉じんを吸うと、肺がんや悪性中皮腫という腫瘍を引き起こすと考えられています。一般的に肺線維症はじん肺を吸収することによって引き起こされる尿器で、アスベストは非常に小さくて細いため、一旦吸入すると肺の深部に達しやすくなります。肺にたまったアスベストは、次第に肺組織を破壊していき、じん肺を引き起こす可能性があるのです。アスベストを使用する工事現場などでは、高性能エアフィルターを有する真空掃除機などの使用が国で定められており、こういう現場でなくても、台風や地震のような地震災害や火事や工場の爆発事故でもアスベストをその建物に使用していれば、飛散する可能性があるので、注意して使用しなければならない。
アスベストの特徴は名の通り、石の綿なので軽い綿状の性質があることだと思います。アスベスト製品を見てみると、石綿繊維らしきものが直径0.5ミリで長さ1ミリ前後の細かい繊維として眼に見える状態となっております。石綿の繊維は大変細かく飛散しやすい性質を持っています。石綿の綿状の性質を強く持っているため、「吹きつけ」の飛散しやすさは非常に有名です。もし吹きつけアスベストのあるビルで6−9階のビルに何の対策もしないで、解体したら、敷地のアスベストの濃度は37-74/Lになります。大気中の石綿濃度は、風向きと距離により低下しやすいのですが、それでも周囲に一定の影響が出ています。

今年の6月にラスベガスでリビエラホテルのモナコタワーの爆破解体ショーがありました。リビエラホテルは1955年の4月にでき、その後40年ほどラスベガス屈指の高級ホテルとして運営していましたが、1990年頃から巨大テーマホテルの建設ラッシュ以降、その存在感をうしなてしまい、60年で歴史を終えることとなりました。リビエラの近くにあるラスベガスコンベンションセンターが管理所有しており、爆破解体後の後には駐車場の建設などのために利用される予定です。
閉鎖されてから爆破解体までに1年もかかったのは、当時の古い建物には断熱材や防火材としてアスベストが多いに使われていたからです。それを爆発して取り壊すことにより、飛散してしまうことを防ぐ対策を考えるのに時間をかけたからです。また、8月に解体される予定のモンテカルロ・タワーのほうが、モナコタワーよりも13年も古くて、アスベスト問題が深刻となっております。爆破前の除去作業などに時間がかかるために、爆破自体も建物全体を特殊なシートで覆わなければならないのです。モナコタワーの爆破解体はそのすぐ東側にアパートなどの施設が近接しているため、かなり困難な作業だったようで、爆破開始が予定から30分ほど遅れたこと以外は予定通りで解体が進められたそうです。幸いにも天候に影響はなく、風もなかかったため、ホコリの飛散なども抑えられたそうです。

ラスベガスと言えばカジノの最大の都市。カジノで一攫千金を狙って出向くお客さんで溢れている町です。でも今の時代、カジノに行かなくてもカジノで遊ぶことができるのです。それは。。。オンラインカジノです。オンラインカジノとは、インターネットさえあれば、パソコンやスマホ、タブレットから、本場カジノと同じゲームをプレイすることができるのです。
オンラインカジノでは、バカラやルーレット、ブラックジャックにスロットマシーンと、本場のカジノで取り揃えているゲームをすべて堪能できます。しかも本場カジノと同じくリアルマネーを賭けてゲームをプレイするので、勝てばもちろん勝った分だけお金が支払わられます。なので、暇な時間、通勤途中や待ち合わせの時間の時にサクッとオンラインカジノで稼ぐこともできちゃいます。もちろんカジノなので負けたらお金は失いますが、ゲームセンターに行くのと同じで、ゲームをプレイするゲーム代金を支払うという感覚を持っていけば、そんなに大損したという気分にならないでしょう。これを機にオンラインカジノを試してみてはどうでしょうか?