アスベストの除去方法

アスベストの使用が認めasbestos-removal-550499563-1999469られた場合、封じ込めや囲い込みでアスベストの飛散を防ぐ処置を施すことで対策を行なうことも可能だが、その建物を改修したり解体したりする場合は、アスベストの処理を再び行なわねばならず、手間とコストが余計にかかってしまう。よって除去を行うのが最も安全で確実なアスベストの処理方法と言われている。アスベストの除去には、作業によって発生するアスベストを含んだ粉じんが飛散しないよう、またそれらを吸入したり衣服に付着させないように最新の注意が必要だ。作業場には負圧除じん装置という室内の気圧を下げ粉じんが作業場から漏れ出さないようにする機材を用い、作業員は全面型の防じんマスクと保護衣を着用が必須となる。作業中はアスベスト粉が飛散していないか空気をモニターし、除去したアスベストは特別管理産業廃棄物として処分される。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *