アスベストの法的規制

1970年代にアメリカでアスベストの危険性が認められるようになると、これの使用の規制や監督を政府や国際機関が本格的に行なうようなった。1986年に世界保健機関 (WHO) が出しhelmetた「環境保健クライテリア53」で定められた基準を元に、1989年の大気汚染防止法改正で日本でのアスベストの大気中濃度の制限基準が設けられた。さらに2004年には、工場内のアスベスト粉塵の制限濃度の基準が定められた。さらに2006年、「石綿による健康被害の救済に関する法律(石綿救済法)」が制定され、労働者の家族及び工場周辺住民のアスベスト健康被害の救済を政府が正式に行なうこととなった。日本や他の主要国ではすでにアスベストやアスベストを含む製品の使用や製造は禁止されているが、世界的も削減/禁止される傾向にある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *