アスベストの使用用途

前述の通りアスベストは無機image.imageformat.lightbox.1251352359的な鉱物にもかかわらず、細かな繊維状の結晶構造のゆえに、綿や布のような性質をもつ。また、鉱石であるため綿や布のように火で燃えてしまう事もない。これらの性質を利用し、アスベストは古くから火や熱に強い布や糸に加工さ
れて使われてきた。近代においては、大量に採掘されるために安く、繊維状であるため比較的軽量で加工が行いやすいアスベストは、耐火/耐熱材として建築原料として幅広く利用されてきた。建築材料としてのアスベストの使用形態としては、建築物の鉄骨、はり、柱、天板などにアスベストとセメントを混ぜたものを吹付けて耐火性を高める被膜を形成したり、綿状に加工したアスベストで煙突やボイラー、それらに配管されているダクトを被って遮熱材として利用されることが多い。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *