一般的に石綿と呼ばれるアスベストは、日本では20世紀中頃から耐火材、耐熱材として建築現場で頻繁に利用されるようになりました。しかしアスベストによると考えられる健康被害が急速に拡大し、使用は禁止されるようになりました。また、それまでに使用されたアスベストの建築物からの除去もすすめられています。このページでは、アスベストがどういう物質であるかをわかりやすく解説し、アスベストによって引き起こされる健康被害の原因と対策についての情報も紹介してゆきます。また、建築物内のアスベストの有無の調査法とその除去法についても触れてゆきたいと思います。