アスベストの歴史

アスベストの人類による使用の歴史は長く、古くは古代エジプト時代にまで遡る。紀元前2500年頃の記録から、ファラオのミイラを包むのにアスベストを使用した事が分かっている。また、紀元前4−5世紀のギリシャでは、アスベストをランプの芯に利用していた。

アスベストとは何か

アスベストは別名「石綿」ともいわれる天然の鉱石である。石綿の名前からも分かるように、この鉱石は繊維状の形態を

健康被害の原因と対策

アスベストが問題となるのは、その粉じんを吸い込むと、肺線維症や肺癌、または悪性中皮腫という稀な腫瘍を引き起こすと考えられているからである

アスベストの法的規制

1970年代にアメリカでアスベストの危険性が認められるようになると、これの使用の規制や監督を政府や国際機関が本格的に行なうようなった。

アスベストの有害性

アスベストの有害性は近年、より明確となってきた。イギリスではアスベスト鉱山の労働者やその家族が肺病にかかりやすく短命であることを元に、アスベストに関連した

アスベストの除去方法

アスベストの使用が認められた場合、封じ込めや囲い込みでアスベストの飛散を防ぐ処置を施すことで対策を行なうことも可能だが、その建物を改修したり解体したりする場合は、

アスベストの調査方法

アスベストが建築物内に使用されているかの調査は、一般的に以下のような手順で行われる。まず最初に、設計図の記載事項の確認。建築業者によっては施工にどういった建築材を使

アスベストの使用用途

前述の通りアスベストは無機的な鉱物にもかかわらず、細かな繊維状の結晶構造のゆえに、綿や布のような性質をもつ。また、鉱石であるため綿や布のように火で燃えてしまう事もない。